パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較!おすすめはどっち?

美容家電

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較しました。

また、どちらがおすすめかもご紹介します。

パナソニックナノケアEH-NA0Jは、2022年9月発売のヘアードライヤーです。

ナノケアEH-NA0Gは、1年前の2021年9月に発売されていますが、どちらも「高浸透ナノイー&ミネラル搭載」のヘアードライヤーなんです。

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いは大きくは3点ありました。

  • ナノケアEH-NA0Jは送風効果がアップ
  • ナノケアEH-NA0Jは風温を自動でコントロール
  • ナノケアEH-NA0Jはコンパクトなデザイン

それでは、パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いについて、詳しく本文でご紹介します。

▽▽▽2022年モデル▽▽▽

▼風量がアップした、パナソニックナノケアEH-NA0J(ディープネイビー)はこちら!

▼風温を自動でコントロールできる、パナソニックナノケアEH-NA0J(ラベンダーピンク)はこちら!

▼コンパクトで軽量になった、パナソニックナノケアEH-NA0J(ウォームホワイト)はこちら!

▽▽▽2021年モデル▽▽▽

▼高浸透ナノイーが搭載された、パナソニックナノケアEH-NA0G(ディープネイビー)はこちら!

▼インテリジェント温風が使いやすい、パナソニックナノケアEH-NA0G(モイストピンク)はこちら!

▼高機能で価格も安い、パナソニックナノケアEH-NA0G(ウォームホワイト)はこちら!

>>>パナソニックナノケアEH-NA0Jの口コミ・風量やカラーについてコチラの記事をご覧ください!

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いの比較

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いをまとめました。

旧モデルとの違いが大きくは3点あります。

  • ナノケアEH-NA0Jは送風効果がアップ
  • ナノケアEH-NA0Jは風温を自動でコントロール
  • ナノケアEH-NA0Jはコンパクトなデザイン

それでは、パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いを説明します。

ナノケアEH-NA0Jは送風効果がアップ

パナソニックナノケアEH-NA0Jは、送風効果をアップさせたことで、ナノケア史上最大風量1.6 ㎥/分(風量強・ノズル装着なしの時)を実現しました。

とはいえ、EH-NA0Gも、1.5 ㎥/分(Turbo時)と従来品より風量は強いんですよ。

忙しい朝やお風呂上りのドライ時はもちろん、面倒くさがり屋さんにも早く乾くのは嬉しいポイントですよね♪

ナノケアEH-NA0Jは風温を自動でコントロール

パナソニックナノケアEH-NA0Jは、風量強/Hot時で95℃と低めです。

しかも、風温を自動でコントロールできる「スマートセンシング」という機能が備わりました。

「スマートセンシング」は、室温を感知できる環境温度センサーと風温センサーの2つのセンサーでが自動で切り替わることで、髪に熱を与えすぎません。

一方、EH-NA0Gにも、温を感知できる環境温度センサーは付いていますが、スマートセンシングではありません。

EH-NA0Gの風温は、温風モード時で約125℃なので、少し高めですね。

この差が、髪の毛にとってどのくらいの影響があるのかは気になるところですが、ネット情報では、一般的なドライヤーの平均温度は100~120℃程度のようです。

140℃以下であれば、髪を傷めないということですが、そういわれてもダメージは少ないほうがいいですよね。

ナノケアEH-NA0Jはコンパクトなデザイン

パナソニックナノケアEH-NA0Jは、驚くほどコンパクトでデザインもとてもおしゃれです。

EH-NA0Gよりも約27%も体積が小さくなり、以前のような折りたたみ式ではなくなりました。

といっても、EH-NA0Gの質量も、約595gととっても軽く、EH-NA0Jと45gしか変わりません。

髪を乾かしている時、腕がだるく感じたことってありますよね。軽いのはありがたいでポイントですね。

▽▽▽2022年モデル▽▽▽

▼風量がアップした、パナソニックナノケアEH-NA0J(ディープネイビー)はこちら!

▽▽▽2021年モデル▽▽▽

▼高機能で価格も安い、パナソニックナノケアEH-NA0G(ウォームホワイト)はこちら!

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの仕様の違いを比較

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの仕様を比較してみました。

赤字の部分が新・旧モデルの違う箇所になります。

新モデル:EH-NA0J旧モデル:EH-NA0G
タイプ高浸透ナノイー&ミネラル搭載高浸透ナノイー&ミネラル搭載
モードスマートセンシング
4つのモード
・温冷リズム
・毛先集中ケア
・スカルプ
・スキン
5つのモード
・温冷リズム
・毛先集中ケア
・スカルプ
・スキン
・インテリジェント温風
カラーディープネイビー
ラベンダーピンク
ウォームホワイト
ディープネイビー
モイストピンク
ウォームホワイト
付属品根元速乾ノズル
セットノズル
セットノズル
消費電力1200W(風量強/Hot時)1200W(Turbo/Hot時)
温風温度95℃(風量強/Hot時)約125℃(温風モード時)
風量1.6 ㎥/分1.5 ㎥/分
本体寸法(高×幅×奥行)22.1×14.8×7.4cm22.4×21.6×8.9cm
本体質量約550g約595g

パナソニックナノケアEH-NA0Jはこんな人におすすめ

パナソニックナノケアEH-NA0Jはこんな人におすすめです。

  • 髪は少しでも早く乾かした
  • 髪にできるだけダメージを与えたくない
  • せっかくなので新しいものが欲しい
  • 旅行に持っていけるようなコンパクトなものが欲しい

EH-NA0Jは、水分たっぷりの高浸透ナノイー&ミネラルを搭載、しかも発生量がアップし、気になる髪のまとまりやツヤをさらに実感できるようになりました。

風温は95℃と上げすぎず、しかも風温を自動でコントロールできる「スマートセンシング」機能が備わっています。

風温が低くても、風量がナノケア史上最大の風量1.6 ㎥/分なので、速乾性もあり、しかも吹き出し口が短いので高浸透ナノイー&ミネラルをたっぷり浴びることができるデザインなんです。

やっぱり、デザインも機能も重視した新商品がいい!という方にはおすすめです。

▽▽▽2022年モデル▽▽▽

▼風量がアップした、パナソニックナノケアEH-NA0J(ディープネイビー)はこちら!

パナソニックナノケアEH-NA0Gはこんな人におすすめ

パナソニックナノケアEH-NA0Gはこんな人におすすめです。

  • 髪は早く乾かしたい
  • 髪にうるおいをあたえたい
  • 機能は良くて安いものがいい

EH-NA0Gも、水分たっぷりの高浸透ナノイー、しかも発生量がアップし、気になる髪のまとまりやツヤをさらに実感できるようになりました。

風量は従来品より20%もアップし1.5 ㎥/分、速乾性があり、髪にダメージなく使えるのが嬉しいですね。

EH-NA0Jが発売されると価格も抑えられるので、機能も価格も両方ゆずれない!という方にはおすすめです。

▽▽▽2021年モデル▽▽▽

▼高機能で価格も安い、パナソニックナノケアEH-NA0G(ウォームホワイト)はこちら!

EH-NA0JとEH-NA0Gに共通する機能

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの共通の機能をご紹介します。

  • 高浸透ナノイー&ミネラルを搭載
  • 4つのモード

では、パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの共通の機能詳しくご紹介いたします。

高浸透ナノイー&ミネラル搭載

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gのどちらも「高浸透ナノイー&ミネラル搭載」のナノケアドライヤーです。

髪の内側までうるおい、なめらかに

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gには、うるおい効果のある、水分がたっぷり含まれた高浸透ナノイーが発生しています。

髪の表面はもちろん、キューティクルのわずかな間まで入り込み、内側までうるおいを与えてくれます。

髪は、一年中日差しを浴びてダメージを受けやすく、パサ付きやすいのでうるおいは大事ですね。

髪を乾かしているのにうるおうなんて、とってもうれしいですね♪

毛染めの退色を抑制

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gは、キューティクルがしっかりうるおうことで、密着性が高まり、カラー剤の流出を防ぎ毛染め剤が長もちします。

毛染めは髪を傷める原因のひとつでもあるので、毛染めの回数が減らせるのは好循環ですね。

紫外線から髪を守る

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gは、ミネラルマイナスイオンで、キューティクルがしっかりうるおういます。

密着性が高まることで、UVケアの効果も期待できますよ♪

1年中、日差しにさらされた髪をUVケアできるなんて最高です。

髪の摩擦を抑制

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gは、キューティクルの密着性を高めることで、ブラッシングなどの摩擦ダメージを抑えられます。

枝毛も防ぎ、なめらかな指通りになります。

頭皮も健康に

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gは、水分たっぷりの高浸透ナノイー&ミネラルが地肌にもうるおいを与えてくれます。

頭皮のストレスの原因になる乾燥をおさえ、頭皮の皮脂を水分と混ざりやすくし、健やかな地肌がたもてます。

健康な髪を育てる地肌も大事!

4つのモード

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gのモードのうち、共通する機能は以下の4つあります。

  • 温冷リズムモード
  • 毛先集中ケアモード
  • スカルプモード
  • スキンモード

温冷リズムモード

温風と冷風を自動で交互に切り替えながら、まとまりやツヤをあたえてくれます。

自動でなんてかしこすぎます!

毛先集中ケアモード

特に毛先は気になるところ・・・温風・冷風を弱風で交互に当ててうるおいを与えるモードなので、毛先が痛む前からしっかり使いたいですね。

スカルプモード

頭皮にやさしい温度約60 ℃の風で心地よくドライしてくれます。

頭が熱い!何てこともがないのも嬉しいですね!

スキンモード

お風呂上がりの乾燥しやすいお顔のうるおいも保ち、しっとり肌にしてくれます。

顔に当たる温風は大丈夫なのかも気になっていたので、これで安心。

パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較!おすすめはどっち?まとめ

今回は、パナソニックナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較しました。

大きくは、風量と風音のデザインの違いでした。

EH-NA0Jは、コンパクトなデザインを実現し、髪にとって必要なうるおいを、最高の機能で2022年の9月に発売するナノケアシリーズの新商品です。

機能はもちろん、新しいものが良い!旅行などで持ち出す機会が多いのでコンパクトなほうがいい!という方には、EH-NA0Jで決まりですね♪

一方EH-NA0Gは、1年前に発売されているナノケアシリーズですが、一番気になる高浸透ナノイー&ミネラルは搭載されているのでうるおいはばっちりです!

風量や温度が気になるなら、搭載のモードを切り替えることで調整は十分にできます。

旅行などで持ち出す機会が少ない方なら、価格が抑えられるEH-NA0Gで決まりですね♪

▽▽▽2022年モデル▽▽▽

▼風量がアップした、パナソニックナノケアEH-NA0J(ディープネイビー)はこちら!

▼風温を自動でコントロールできる、パナソニックナノケアEH-NA0J(ラベンダーピンク)はこちら!

▼コンパクトで軽量になった、パナソニックナノケアEH-NA0J(ウォームホワイト)はこちら!

▽▽▽2021年モデル▽▽▽

▼高浸透ナノイーが搭載された、パナソニックナノケアEH-NA0G(ディープネイビー)はこちら!

▼インテリジェント温風が使いやすい、パナソニックナノケアEH-NA0G(モイストピンク)はこちら!

▼高機能で価格も安い、パナソニックナノケアEH-NA0G(ウォームホワイト)はこちら!

タイトルとURLをコピーしました