シンガーミシンSN773KとSN1851の違いを比較!おすすめはどっち?

生活家電

シンガーミシンSN773KとSN1851の違いをまとめました。

また、どちらがおすすめかもご紹介していきます。

シンガーミシンは、数あるミシンメーカーの中でも170年余りの歴史のあるトップメーカーで、初心者から上級者まで使える幅広い品揃えと、おしゃれなデザインが多く、とても人気です。

シンガーミシンSN773KとSN1851を比較して、8点の違いがあります。

  • サイズはほぼ同じ
  • 重さはほぼ同じ
  • SN1851は縫い目の長さ調整ができる
  • SN1851は自動でボタンホールができる
  • 模様数はSN773Kは14種類、SN1851は34種類
  • SN1851は下糸の引き上げの必要がない
  • SN1851は送りカバープレートが付属
  • SN773Kの方が低価格

では、シンガーミシンSN773KとSN1851の詳しい違いの比較は本文をご覧ください。

▼▼▼厚手の生地もらくらく縫える、シンガーミシンSN773Kはこちら▼▼▼

▼▼▼縫い目の長さ調整ができる、シンガーミシンSN1851(ホワイト)はこちら▼▼▼

▼▼▼自動でボタンホールができる、シンガーミシンSN1851(ブラック)はこちら▼▼▼

>>>シンガーミシンSN773Kの口コミ・評判やレビューはコチラの記事をご覧ください

シンガーミシンSN773KとSN1851の違いの比較

シンガーミシンSN773KとSN1851の機能の違いをまとめました。

違いが8点あります。

  • サイズはほぼ同じ
  • 重さはほぼ同じ
  • SN1851は縫い目の長さ調整ができる
  • SN1851は自動でボタンホールができる
  • 模様数はSN773Kは14種類、SN1851は34種類
  • SN1851は下糸の引き上げの必要がない
  • SN1851は送りカバープレートが付属
  • SN773Kの方が低価格

では、シンガーミシンSN773KとSN1851の詳しい違いをご紹介したいと思います。

サイズはほぼ同じ

シンガーミシンSN773Kのサイズは、幅39.9cm×奥行18.0cm×高さ29.7cm。

シンガーミシンSN1851のサイズは、幅41.6cm×奥行19.3cm×高さ30.0cm。

ほんのわずかにシンガーミシンSN1851の方が大きいですが、ほとんど変わりはありませんね。

重さはほぼ同じ

シンガーミシンSN773Kの重さは、5.65Kg。

シンガーミシンSN1851の重さは、5.7Kg。

ほんのわずかにシンガーミシンSN1851の方が重いですが、こちらもほとんど変わりはありません。

SN1851は縫い目の長さ調整ができる

シンガーミシンSN773Kは、縫い目の長さ調節はできません。

シンガーミシンSN1851は、縫い目の長さ調整ができます。

薄い生地を縫うときに、縫い目を長くすると生地が縮んだり、厚い生地を縫うときに縫い目を短くすると、生地が伸びてしまったりすることがあるので、縫う生地の厚さに合わせて、縫い目の長さを調節することができる機能です。

シンガーミシンSN1851は、0.5~4mmまで調節できます。

一般的には薄地は1.0mm、普通地は2.5mm、厚地は3.0mm位が推奨されていることが多いです。

SN1851は自動でボタンホールができる

シンガーミシンSN773Kは、4段階でボタンホールを縫うタイプです。

つまり、ボタンホールの縦と横のそれぞれ2箇所を、その都度模様切り替えの操作をする必要があります。

シンガーミシンSN1851は、その都度模様切り替えをする必要がなく、自動でボタンホールを縫います。

模様数はSN773Kは14種類・SN1851は34種類

シンガーミシンSN773Kの模様縫いの数は、14種類。

シンガーミシンSN1851の模様縫いの数は、34種類。

SN1851は下糸の引き上げの必要がない

シンガーミシンSN773Kは、下糸の糸掛けをした後、縫い始めの時に下糸を引き上げる必要があります。

シンガーミシンSN1851は、下糸の糸掛けをした後、縫い始めの時に下糸を引き上げる必要が無い「下糸らくスルー」機能がついています。

SN1851は送りカバープレートが付属

シンガーミシンSN773KとSN1851には様々な付属品が付いています。

ジグザグ押え・ファスナー押え・ボタンホール押え・ボタン付け押え・ドライバー
リッパー/ブラシ・針パック・ボビン・シームガイド・糸こま押え大/小・補助糸立棒・
糸こま座・使用手引き・ソフトカバー・フットコントローラ(電源コード一体型)・補助テーブル(小物入れ)

以上は共通付属ですが、シンガーミシンSN1851には、送りカバープレートが付属しています。

送りカバープレートは、送り歯を使わずフリーハンドで刺繍縫いなどをする時に取り付けて、布を送らないようにするカバーです。

SN773Kの方が低価格

シンガーミシンSN773KとシンガーミシンSN1851の価格を、大手ECサイト3社で最安値の価格をまとめてみました。

シンガーミシンSN773Kは、アマゾン19,800円、楽天19,800円、Yahoo19,800円

シンガーミシンSN1851は、アマゾン20,580円、楽天21,780円、Yahoo20,800円

シンガーミシンSN773Kの方が、低価格で購入できそうですね。

▼▼▼厚手の生地もらくらく縫える、シンガーミシンSN773Kはこちら▼▼▼

▼▼▼縫い目の長さ調整ができる、シンガーミシンSN1851(ホワイト)はこちら▼▼▼

シンガーミシンSN773KとSN1851の仕様の違いを比較

シンガーミシンSN773KとSN1851の仕様を比較してみました。

赤字の部分が違う箇所になります。

SN773KSN1851
サイズ(cm)幅39.9×奥行18.0×高さ29.7幅41.6×奥行19.3×高さ30.0
重さ(Kg)5.655.7
カラーブラックブラック
縫い目の長さ調整不可
下糸楽スルー×
ボタンホール4段階手動自動
模様数14種類34種類
フットコントローラー付属
自動糸通し機能

シンガーミシンSN773Kはこんな人におすすめ

シンガーミシンSN773Kはこんな人におすすめです。

  • 縫い目の長さ調整は必要でない
  • 模様数は14種類で十分
  • ボタンホールは自動でなくてもかまわない
  • 価格は安いものがいい
  • 下糸の引き上げは自動でなくてもかまわない
  • フリーハンドで使うことはない

シンガーミシンSN773Kは、必要最低限の機能が装備されているので、これからミシンを始めたい方、ちょっとしたものを作る程度という方、ボタンホールはあまりしないという方、機能的だけれどとにかく安いミシンが欲しいという方にはおすすめです。

▼▼▼厚手の生地もらくらく縫える、シンガーミシンSN773Kはこちら▼▼▼

>>>シンガーミシンSN773Kの口コミ・評判やレビューはコチラの記事をご覧ください

シンガーミシンSN1851はこんな人におすすめ

シンガーミシンSN1851はこんな人におすすめです。

  • 縫い目の長さ調整は必要
  • 色々なものを作りたいので模様数も多い方が良い
  • ボタンホールの自動縫いは必須
  • フリーハンドでも使いたい
  • 下糸の引き上げが自動なら嬉しい
  • 値段にはさほどこだわらない

最低限の機能にプラス、ボタンホールが自動で縫えたり、フリーハンドで縫うこともできるので、ミシンのベテランの方はもちろん、初心者でこれから色々挑戦して作りたい方には、おすすめのシンガーミシンSN1851です。

▼▼▼縫い目の長さ調整ができる、シンガーミシンSN1851(ホワイト)はこちら▼▼▼

▼▼▼自動でボタンホールができる、シンガーミシンSN1851(ブラック)はこちら▼▼▼

シンガーミシンSN773KとSN1851に共通する機能

シンガーミシンSN773KとSN1851の共通の機能をご紹介します。

ちょっと難しそうな糸掛け・・・

糸掛けの手順が、本体にイラストで書かれているので、いつでも確認ができます。

やりにくそうな糸通しも自動糸通し機能で解決

自動糸通し機能がついているので、細かい作業が苦手な方も安心です。

レバーを下げるだけで、楽々、簡単に糸通しができちゃいます。

作業のしやすいスペースを確保

シンガーミシンSN773KとSN1851は、一般的なコンパクトミシンとフルサイズミシンの間くらいのサイズなので、初心者でも作業のしやすいスペースを確保できます。

だから、小物や子供服を作るのも問題ありません。

フットコントローラー式

ミシンは、縫い始めと縫い終わりを、手元で操作するボタン式と、足で操作するフットコントローラー式、その両方が使えるものがあります。

シンガーミシンSN773KとSN1851は、フットコントローラー式専用なので、スタート・ストップボタンは付いていません。

手を離すことなく、手元に集中してミシンができるので、これから始める方にもフットコントローラー式はおすすめです。

筒縫いもできる

ズボンの裾や袖口、袋縫いなどは、ミシンが一番活躍しそうなシーンですよね。

シンガーミシンSN773KとSN1851は、補助テーブルを外すと筒縫いも簡単にできる設計なので楽々です。

おしゃれでシンプルなデザイントカラー

ミシンって白・・・白もいいけどおしゃれに見えない。

そんなイメージのあるミシンですが、やっぱり見た目も大事ですよね。

シンガーミシンSN773KとSN1851は、シックなマットの黒。

インテリアとしても馴染むシンプルなデザインだから、出しっぱなしでもかわいいと人気です。

面倒な出し入れをする手間がなくなれば、ミシンを使う機会が増えること間違いなしですね♪

手元ライトはLED

LEDライトなので、手元は明るく、そして省エネが嬉しいですね。

水平全回転釜

ボビンを水平に釜に入れるだけなので、初心者でも下糸の設置がとっても簡単にできます。

最近の家庭用のミシンは、水平全回転釜が主流です。

ぬい模様ダイアル

直線縫いやジグザグ縫い、ボタンホールやステッチなどの縫い模様は、ダイヤルで簡単に選べます。

充実の付属品

「シンガーミシンSN773KとSN1851の違いの比較」でもご紹介しましたが、シンガーミシンSN773KとSN1851は、付属品が充実しています。

ジグザグ押え・ファスナー押え・ボタンホール押え・ボタン付け押え・ドライバー
リッパー/ブラシ・針パック・ボビン・シームガイド・糸こま押え大/小・補助糸立棒・
糸こま座・使用手引き・ソフトカバー・フットコントローラ(電源コード一体型)・補助テーブル(小物入れ)

SN1851には、1点だけ多く「送りカバープレート」が付属しています。

▼▼▼厚手の生地もらくらく縫える、シンガーミシンSN773Kはこちら▼▼▼

▼▼▼縫い目の長さ調整ができる、シンガーミシンSN1851(ホワイト)はこちら▼▼▼

シンガーミシンSN773KとSN1851の違いを比較!おすすめはどっち?まとめ

今回は、シンガーミシンSN773KとSN1851の違いを比較しました。

また、おすすめはどちらかもご紹介しました。

シンガーミシンSN773KとSN1851は、どちらも大きさ、重さ、デザインやカラーには大きな違いはなく、シンガーミシンのなかでもとっても人気のミシンです。

縫い目の長さ調整、縫い模様の数、ボタンホールが自動でできるかどうか、下糸スルー機能、価格がシンガーミシンSN773KとSN1851の大きく違う点でした。

これからミシンを始める初心者さんも、ミシンベテランさんも、どちらの方にも使いやすいシンガーミシンSN773KとSN1851です。

簡単なものを作る程度なので価格を抑えたいという方には、シンガーミシンSN773Kを、お洋服や色々な物を作りたいという方には、シンガーミシンSN1851をおすすめします。

ミシンを使う目的に合わせて、シンガーミシンSN773K、またはSN1851の購入を検討してくださいね。

▼▼▼厚手の生地もらくらく縫える、シンガーミシンSN773Kはこちら▼▼▼

▼▼▼縫い目の長さ調整ができる、シンガーミシンSN1851(ホワイト)はこちら▼▼▼

▼▼▼自動でボタンホールができる、シンガーミシンSN1851(ブラック)はこちら▼▼▼

>>>シンガーミシンSN773Kの口コミ・評判やレビューはコチラの記事をご覧ください

タイトルとURLをコピーしました