東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30の違いを比較!おすすめはどっち?

生活家電

東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30の違いをまとめました。

また、どちらがおすすめかもご紹介します。

東芝トルネオコードレスVC-CLW31は、2022年9月発売予定の新商品、VC-CLX30は、2021年9月に発売されています。

シリーズが違うので、細かい違いはたくさんありますが、大きくは以下の3点です。

  • カラーバリエーション
  • 標準質量
  • ヘッドのタイプ

となっています。

東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30の詳しい比較は本文をご覧ください。

▼2022年モデルは軽くて片手でスイスイ掃除できる、東芝トルネオコードレスVC-CLW31はこちら!

【2022年09月01日発売】 東芝|TOSHIBA スティック型掃除機 グランレッド VC-CLW31-R [サイクロン式]

▼2021年モデルは高性能でコスパのよい、東芝トルネオコードレスVC-CLX30はこちら!

東芝(TOSHIBA) VC-CLX30-S(シャンパンシルバー) TORNEO V(トルネオV) コードレススティッククリーナー

>>>東芝トルネオコードレスVC-CLW31の口コミ・スタンドの有無についてコチラの記事をご覧ください!

東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30の違いの比較

東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30の違いをまとめました。

大きくは、以下の3点です。

  • カラーバリエーション
  • 標準質量
  • ヘッドのタイプ

それでは、東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30の違いを説明していきます。

カラーバリエーション

東芝トルネオコードレスVC-CLW31は、定番のグランレッド1色。

東芝トルネオコードレスVC-CLX30、こちらも定番色のシャイニーシルバー1色です。

購入時は、色も気になるところです。

VC-CLW31もVC-CLX30も1色のみの展開ですので、色で迷うことがないので、ある意味助かりますね♪

標準質量

東芝トルネオコードレスVC-CLW31は、「トルネオコードレス史上の軽さNo.1」と、東芝お墨付きの驚きの1.0kg!

VC-CLX30は、1.6kg!

VC-CLW31に比べて重い・・・なんて思わないでくださいね!

他メーカーでは、2.0Kg以上のコードレス掃除機はたくさん販売されています。

1Kg台は、基盤の小型化や素材の軽量化を実現した、企業努力の賜物なんです♪

ヘッドのタイプ

東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30のヘッドの違いをご紹介します。

東芝トルネオコードレスVC-CLW31は、「からみレス自走ヘッド」を採用。

特殊編み込み加工をしたブラシで、髪の毛やごみなどがブラシの根元にからみつきにくくした構造です。

一方、東芝トルネオコードレスVC-CLX30は、「トリプルファイバーヘッド」を採用。

たたみ、フローリング、じゅうたんと材質によって違ってくる様々なしつこいごみを取り除く、自走式でないヘッドです。

壁際のごみもきれいに除去できるのも強みなんです。

▼2022年モデルは軽くて片手でスイスイ掃除できる、東芝トルネオコードレスVC-CLW31はこちら!

【2022年09月01日発売】 東芝|TOSHIBA スティック型掃除機 グランレッド VC-CLW31-R [サイクロン式]

▼2021年モデルは高性能でコスパのよい、東芝トルネオコードレスVC-CLX30はこちら!

東芝(TOSHIBA) VC-CLX30-S(シャンパンシルバー) TORNEO V(トルネオV) コードレススティッククリーナー

東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30の仕様の違いを比較

VC-CLW31とVC-CLX30の仕様を比較してみました。

赤字の部分が違う箇所になります。

VC-CLW31VC-CLX30
カラーグランレッドシャイニーシルバー
ごみ圧縮機能
連続運転時間標準:約30分
おすすめ:約15分
強:約8分
標準:約30分
おすすめ:約20分
強:約8分
消費電力本体充電時:約22W
充電完了後:約0.3W
本体充電時:約32W
充電完了時:約0.3W
標準質量1.0kg1.6kg
ヘッドのタイプからみレス軽量ヘッド
トリプルファイバーヘッド
充電時間約2.5時間約2.5時間
付属品スタンド
ピカッとライト
ふとん用ブラシ
丸ブラシ
すき間ノズル
お手入れブラシ
ACアダプター
すき間ノズル
お手入れブラシ
ACアダプター
寸法(幅×奥行×高さ)230×150×993mm
(外形寸法)
224×180×1,080mm
(外形寸法)

東芝トルネオコードレスVC-CLW31はこんな人におすすめ

VC-CLW31は、こんな人におすすめです。

  • お手入れは少しでも楽なほうがいい
  • 新しいものが好き
  • コードレス掃除機は軽いのが1番!
  • スタンドやライトなど付属品が充実してるのはお得

ブラシに髪の毛がからみつくと、お手入れの時とっても手間がかかりますよね。

新しくて、お手入れが少しでも楽、付属品もいっぱいなんてこれはアリかも!というご家庭にはススメです♪

▼2022年モデルは軽くて片手でスイスイ掃除できる、東芝トルネオコードレスVC-CLW31はこちら!

【2022年09月01日発売】 東芝|TOSHIBA スティック型掃除機 グランレッド VC-CLW31-R [サイクロン式]

>>>東芝トルネオコードレスVC-CLW31の口コミ・スタンドの有無についてコチラの記事をご覧ください!

東芝トルネオコードレスVC-CLX30はこんな人におすすめ

VC-CLX30は、こんな人におすすめです。

  • 旧のモデルでも気にならない
  • 色にこだわりはない
  • 付属品はいらないので、高性能で値段が安いのが1番!

性能的にはほぼ互角、大きく違いがないなら、初期費用が安くつくほうが断然お得!というご家庭にはおススめです♪

▼2021年モデルは高性能でコスパのよい、東芝トルネオコードレスVC-CLX30はこちら!

東芝(TOSHIBA) VC-CLX30-S(シャンパンシルバー) TORNEO V(トルネオV) コードレススティッククリーナー

VC-CLW31とVC-CLX30に共通する機能

VC-CLW31とVC-CLX30の共通の機能をご紹介します。

ごみの圧縮、着脱できるバッテリー、充電時間、そして上の表にはないですが、ダストカップが水洗いできる、操作がしやすい「らくわざフリーグリップ」なども共通した機能です。

東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30の違いを比較!おすすめはどっち?まとめ

今回は、東芝トルネオコードレスVC-CLW31とVC-CLX30の違いをまとめご紹介しました。

大きく違うのは、カラーバリエーション、標準質量、ヘッドのタイプでしたね。

シリーズが違うので細かいところでの違いもたくさんありました。

VC-CLWシリーズは「とにかく軽い!」のが特徴!

お手入れにまで配慮し、付属品も充実のかゆいところに手が届いたVC-CLW31は納得の新商品ですね♪

VC-CLXシリーズは、目詰まりしやすいサイクロン部分のプリーツフィルターをなくした、フィルターレスサイクロン式なので「軽い!強い!使いやすい!」が特徴です!

新商品がでると価格が下がると予想され、トータル評価の高いVC-CLX30は間違いなくお買い得品♪

どちらを選んでも、納得の商品に間違いはなさそうですね♪

▼2022年モデルは軽くて片手でスイスイ掃除できる、東芝トルネオコードレスVC-CLW31はこちら!

【2022年09月01日発売】 東芝|TOSHIBA スティック型掃除機 グランレッド VC-CLW31-R [サイクロン式]

▼2021年モデルは高性能でコスパのよい、東芝トルネオコードレスVC-CLX30はこちら!

東芝(TOSHIBA) VC-CLX30-S(シャンパンシルバー) TORNEO V(トルネオV) コードレススティッククリーナー

>>>東芝トルネオコードレスVC-CLW31の口コミ・スタンドの有無についてコチラの記事をご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました